福岡県子育て女性就職支援センター 働きたいママ応援サイト

履歴書の書き方

採用担当者に良い印象を持たれるため、履歴書は以下のことに注意して作成しましょう。

①字は読みやすさを考えて、ゆっくりと丁寧に記入する。文字の大きさやバランスにも注意しましょう。
②履歴書記入中は同じ筆記具を使いましょう。
③誤字脱字やシミ、汚れがないかなど、最終チェックを忘れずに。
④訂正や修正液はNG。はじめから書き直しましょう。

 

履歴書を書く上でのチェックポイントを紹介します。

■年月日は通常、和暦で記入します。ただし、外資系やIT企業への応募は西暦が一般的です。どちらを使用する場合も、履歴書の中では統一するようにしましょう。
■日付は、面接日に持参する場合は面接日の日付、郵送の場合はポスト投函日を記入します。
■貼る写真を自分でカットする場合、できるだけ丁寧に。プリクラはNGです。
■写真は普段着ではなく、最低でも上着を着用しましょう。前髪が目にかからない方が明るい印象になります。
■住所は都道府県名から書きましょう。マンションやアパートの名前や部屋番号は省略せずに記入します。「丁目」以降のふりがなは不要です。
■確実に連絡がとれるように、携帯電話番号を記入しましょう。
■学歴欄の最初の行に「学歴」と書きます。卒業だけでなく、入学年月も記入しましょう。学校名は正式名称で。
■最終学歴から一行空け、「職歴」の項目を書きます。社名は(株)などと省略せずに正式名称を書きましょう。
■応募する会社が複数の職種を募集している場合は、「本人希望欄」に希望職種・希望勤務地などを記入します。
■「本人希望欄」に一方的な希望や事情を書くのは避け、面接時に確認する方がベターです。

採用担当者はあなたの履歴書をすみずみまで見ています。雑なところがないか、応募者の熱意も履歴書から感じられます。美しい字ではなくても、丁寧に書くことを心がけましょう。
 採用担当者がもっとも注目するのは『志望動機』です。
 会社や職種のどこに魅力を感じるか、何をしたいかなどを具体的に記入しましょう。

家事や育児に専念してブランクの長い人は、PTA活動や子ども会、地域活動やボランティア活動の経験など、「社会とのかかわり」をアピールできる場合があります。
 また、免許資格がない人でも、「パソコン講座で勉強中」といったスキルアップや自己啓発に取り組んでいることで熱意が伝わり、採用になった人もいます。
 さらに、仕事をはじめるための社会性が備わっていることや、仕事に必要なスキルを身につける前向きな姿勢をしっかりと伝えるようにしましょう。

福岡エリア支援センター

福岡市中央区赤坂1-8-8
福岡西総合庁舎5階 (地図)
TEL.092-725-4034
福岡エリアメールアドレス

福岡エリア支援センター地図

出張相談一覧を見る

北九州エリア支援センター

北九州市小倉北区浅野3-8-1
AIMビル2階 (地図)
TEL.093-533-6637
北九州エリアメールアドレス

北九州エリア支援センター地図
平成28年5月23日上記へ移転しました。

出張相談一覧を見る

筑後エリア支援センター

久留米市合川町1642-1
久留米総合庁舎1階 (地図)
TEL.0942-38-7579
筑後エリアメールアドレス

筑後エリア支援センター地図

出張相談一覧を見る

筑豊エリア支援センター

飯塚市新立岩8-1
飯塚総合庁舎別館2階 (地図)
TEL.0948-22-1681
筑豊エリアメールアドレス

筑豊エリア支援センター地図

出張相談一覧を見る